船村徹さん誕生日に追悼コンサート 「船村メロディー」鳥羽一郎さんら熱唱 日光【動画】

船村徹さん誕生日に追悼コンサート 「船村メロディー」鳥羽一郎さんら熱唱 日光【動画】

 2月に84歳で死去した塩谷町出身の作曲家船村徹(ふなむらとおる)(本名福田博郎(ふくだひろお))さんの追悼コンサート「船村徹を歌い継ぐ」が12日、日光市今市の「道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣」多目的ホールで開催された。この日は船村さんの誕生日。1部と2部を合わせて約700人が来場し、戦後復興に汗して働く人たちの希望となった「船村メロディー」に耳を傾けた。

 「船村メロディーを歌い継いでいくのは俺たちだ」という思いを込め、鳥羽一郎(とばいちろう)さん、最後の内弟子の村木弾(むらきだん)さんらによる「船村徹内弟子五人の会」が主催した。船村さんは生前、誕生日に合わせて日の目を見なかった曲をしのぶ「歌供養」を開いており、鳥羽さんらは特別な思いでコンサートに臨んだ。

 ステージでは「兄弟船」や「別れの一本杉」「男の友情」など数々の名曲が披露され、最後は船村さんをモデルにした「師匠(おやじ)」を5人で歌い、会場を盛り上げた。鳥羽さんは「ふるさとの人たちは熱くて歌いがいがあった。自分たちがいろんな所に行って先生の歌を広めていきたい」と語った。

 また、13日には県主催の「県名誉県民 故船村徹を偲(しの)ぶ会」が県総合文化センターで開催される。