那須塩原市教委は10日、大山小と黒磯中で9日に提供された給食に異物が混入していたと発表した。いずれも児童や生徒が口に入れる前に発見し、健康被害はなかった。

 市教委教育総務課によると、大山小の6年男児1人が中華風コーンスープ内に針金状の金属片(長さ約5ミリ)があることに気付き、担任に報告。同校が西那須野学校給食共同調理場に連絡した。市教委は同日中に施設の調理工程や機械器具を点検し、各材料の納入会社3社に器具の確認を依頼したが、原因は特定されていない。安全確認などを徹底し、12日から通常通り給食を提供する。

 黒磯中では2年の同じクラスの生徒2人がそれぞれパンから金属片1個を発見。市教委が9日、大田原市の製パン工場に立ち入り調べ、金属片は機械のコンベアの布製ベルトを接続する部品と判明した。