銅など50トンが盗まれた工場の入り口=26日午後、下野市下坪山

 下野署は26日、金属リサイクルなどを手掛ける下野市下坪山の「メタビッツ」の工場から銅など約50トン(約3375万円相当)が盗まれたと発表した。同署は多額窃盗事件とみて調べている。

 同署によると、21日午後5時から25日午前8時ごろまでの間、何者かが工場敷地内に侵入し、ドラム缶や袋に詰められていたリサイクル用の銅などを盗んだ。被害に気付き、警備会社が25日午前8時10分ごろ、110番した。

 現場は下野市と小山市の境で、下坪山工業団地の一角。約1万2800平方メートルの敷地は、四方が高さ約4メートルの塀で囲まれている。銅は工場西側の建物に保管されていた。

 工場は22日から3日間休業で、21日夕方の終業時には異常はなかったという。被害発見時、入り口は施錠されていた。