足利で「夜景サミット」10月20日開催 フラワーパークなどPR

 【足利】市は9日、夜景を生かした観光活性化に取り組む全国の自治体や企業が一堂に会する「夜景サミット」の開催日を10月20日に、会場を朝倉町の市民プラザに決定したと発表した。当日は参加者にあしかがフラワーパークのイルミネーションなどを実際に見てもらい、市内の夜景に関する取り組みをPRする。

 夜景サミットは一般社団法人の夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都中央区)などが主催し、今回で9回目となる。本県での開催は初めて。

 市内では近年、まちなかの石畳通りに足利銘仙柄のあんどんを並べ、鑁阿寺(ばんなじ)で影絵の上映イベントを行うなど夜景観光に力を入れている。同パークは昨年10月に同法人が主催するイルミネーションアワードで1位に選ばれ、足利織姫(おりひめ)神社は日本夜景遺産や日本百名月に認定されている。