ニトリホールディングス(HD)が26日発表した2018年8月中間連結決算は、売上高が前年同期比6・3%増の3016億円、純利益は8・3%増の379億円と、それぞれ中間期として過去最高だった。寝具などの販売が前年同期を上回り、インターネット通販も好調で業績を押し上げた。

 関東や近畿を中心に出店を強化したほか、中国や台湾など海外でも店舗網を拡大し、売り上げ増に貢献した。今後も、545店舗(8月20日時点)から来年2月末には585店舗へ増やす計画だ。物流センターも宮城県や中国に新設する。

 通販では、低めのソファセットなどインターネット限定の商品が好評だった。