夏を前にちょうちん作り最盛期 栃木市藤岡【動画】

夏を前にちょうちん作り最盛期 栃木市藤岡【動画】

 祭りや盆などに向けたちょうちん作りが、栃木市藤岡町新波(にっぱ)の田中提灯(ちょうちん)店で本格的に始まった。

 同店は100年以上続く老舗で、「新波の提灯」として県伝統工芸品に指定されている。

 作業は家族3人で分担。四代目の田中梅雄(たなかうめお)さん(57)は7日、骨組みに張られた和紙に文字や絵を描く作業に追われていた。この後、防水効果と密着性を高めるためアマニ油などを塗り、天日干しで乾燥。最後に「弓」と呼ばれる持ち手を付けて仕上げる。