記者会見する三越伊勢丹HDの白井俊徳取締役常務執行役員(左)ら=26日午後、東京都千代田区

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は26日、伊勢丹相模原店(相模原市)と伊勢丹府中店(東京都府中市)、新潟三越(新潟市)の3店を閉鎖すると発表した。業績不振から構造改革を進めており、採算性の低い店舗を見直す一環として閉鎖を決めた。

 伊勢丹相模原店と府中店は来年9月末に営業を終える。新潟三越は2020年3月22日に閉鎖する。

 伊勢丹相模原店は1990年、府中店は96年にオープン。2017年度の売上高は相模原店が前年度比5・1%減の195億円、府中店は5・7%減の149億円だった。いずれも中型店で売り上げの低下傾向が続いていた。

 新潟三越は赤字が続いていた。