Jプロツアーで地域の魅力発信、地元の食など30店超 那須塩原・那須で10、11の両日

Jプロツアーで地域の魅力発信、地元の食など30店超 那須塩原・那須で10、11の両日

 【那須塩原・那須】国内最高峰の自転車ロードレースツアー「Jプロツアー(JPT)」第5、6戦が10、11日の両日、那須塩原、那須の両市町で初開催される。10日はJR那須塩原駅前を周回する「那須塩原クリテリウム」、11日は那須町役場前を発着点に「那須ロードレース」が行われる。22チームが参戦するレースは必見だが、両日とも地元の食を中心に30を超える飲食ブースの出店があり、地域の魅力を一斉に発信する。実行委員会は「地元と一緒に盛り上がり町も興したい」と意気込んでいる。

 那須塩原クリテリウムは主にJR那須塩原駅前の県道を使い、1周2・3キロのコースを周回。最高時速約50キロ超で23周、52・9キロを駆け抜ける。那須ロードレースは那須町役場前を発着点に、1周7・1キロの周回コースを15周、全106・5キロの行程で行われる。

 県北初開催、新幹線が停車する駅前で行われるのも初めて。大会誘致までの過程で地元若手経営者らも参画するなど輪が広がり、実行委の高根沢武一(たかねざわたけいち)会長は「培ってきたノウハウと、まちづくりへの情熱が集まり実現に至った」と話す。