日本チョコレート工業協同組合の新工場のイメージ図

 チョコレート菓子メーカーが共同で原料チョコレートの加工生産を手掛ける「日本チョコレート工業協同組合」(東京都板橋区、山口信二(やまぐちしんじ)理事長)は25日、日光市小代に建設する新工場の地鎮祭を行い、関係者ら約50人が出席した。

 同組合は1949年に設立され、今年4月時点で29社が加盟している。1961年、東京都板橋区に操業した現工場は建物の老朽化が進んでいることから、工場を移転することにした。