イタリア料理店経営のミラノ食堂(宇都宮市下栗町、櫨信夫(はぜのぶお)社長)が事業停止し、破産申請の準備に入ったことが5日、東京商工リサーチ宇都宮支店の調べで分かった。負債総額は約1億3千万円で、販売不振が要因という。