第3ピリオド10分、バックスのFW磯谷が自身2点目のゴールを決め、雄叫びを上げる=日光霧降アイスアリーナ

ホームで迎えた開幕戦を白星で飾り、ファンの声援に応えるバックスの選手=16日午後4時30分、日光霧降アイスアリーナ

第3ピリオド10分、バックスのFW磯谷が自身2点目のゴールを決め、雄叫びを上げる=日光霧降アイスアリーナ ホームで迎えた開幕戦を白星で飾り、ファンの声援に応えるバックスの選手=16日午後4時30分、日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグは16日開幕し、HC栃木日光アイスバックスは日光市の日光霧降アイスアリーナで東北と対戦。4-2と逆転勝ちを収め、2季連続の開幕戦白星を飾った。

 バックスは1点を追う第2ピリオド19分49秒、FW鈴木健斗(すずきけんと)のゴールで追い付くと、第3ピリオド3分33秒に今季新加入のFW磯谷奏汰(いそがいそうた)の得点で勝ち越し。1人多いパワープレー中の同10分13秒は再び磯谷のゴールでリードを広げた。

 会場にはシーズン開幕を待ちわびた多くのファンが詰めかけ、声援で選手たちを後押し。FW鈴木雄大(すずきゆうた)のレプリカユニホーム姿で観戦した日光小6年菊地晴斗(きくちはると)君(11)は「鈴木(雄大)選手のゴール前の強さとスケーティングの速さが好き。アジアリーグと全日本選手権の優勝を目指して頑張ってほしい」と熱い視線をリンクに送っていた。

 バックスは17日午後2時から、同会場で東北と対戦する。