訪問介護の拠点施設に 「あったかネット」竣工祝う 今後、コールセンター設置も 栃木

 【栃木】市の医療や在宅介護関係の団体で組織する一般社団法人「あったかネットとちぎ」(市地域包括ケア推進ネットワーク)の事務所が3日、城内町2丁目の特別養護老人ホーム「蔵の街ひまわり」の敷地内に完成し、同所で竣工(しゅんこう)祝賀会が開かれた。

 同法人は、市特養養護連絡会や市医師会など11団体で2015年3月に設立。医療、介護、福祉など横のつながりを強化し、市の委託も受けながら地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいる。

 今回完成した施設は、同法人が計画する「定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス」の拠点施設となる。24時間対応のコールセンターを設置する。