宇都宮ライトレールの車両

 次世代型路面電車(LRT)の宇都宮芳賀ライトレール線を運行する宇都宮ライトレールは16日、県グリーンスタジアムで行われるサッカーJ2の栃木SC-ジェフユナイテッド市原・千葉戦に合わせ、臨時増発列車を運転する。栃木SC線での増発は2回目。前回の教訓を生かし、利用者が多い時間帯の運行を手厚くし、利便性の向上を図る。

 宇都宮ライトレールによると、増発するのは3便。グリーンスタジアム前発は、それぞれ午後9時7分、27分、47分で、宇都宮駅東口到着は午後9時38分、58分、午後10時18分。

 3日の藤枝MYFC戦開催時と比べると、午後9時7分発の列車が増える。試合終了直後の午後9時台前半は混雑で乗車待ちが発生した一方、午後10時台の需要は少なかったためだ。

 宇都宮ライトレールは、スムーズな乗降のため、totra(トトラ)などの交通系ICカード利用を呼びかけている。

 グリーンスタジアム前から宇都宮駅東口の運賃は、大人300円、小児150円。