ブレックス県都凱旋 Bリーグ優勝パレードに3万人 宇都宮【動画】

 プロバスケットボールBリーグ初代王座に輝いた栃木ブレックスの優勝記念パレード(宇都宮商工会議所青年部主催)が3日、県庁と宇都宮市役所を結ぶシンボルロード約1キロで行われ、ファンら3万人(主催者発表)が県都に凱旋(がいせん)した選手らを祝福した。

 既に帰国したジェフ・ギブス、日本代表の竹内公輔(たけうちこうすけ)を除く14選手、鎌田真吾(かまたしんご)社長をはじめとしたスタッフらが参加した。県庁前の出発式で福田富一(ふくだとみかず)知事は「選手、監督、ファン、全てが一体となってつかんだ勝利。栃木県の誇りです」とあいさつした。

 青空の下、優勝トロフィーとトーマス・ウィスマン監督らを乗せた白いオープンカーに続き、田臥勇太(たぶせゆうた)主将ら選手たちを乗せたパレードカーが出発。沿道を隙間なく埋めたファンたちは「おめでとう」「感動をありがとう」と英雄たちに声を掛け、選手は笑顔で手を振って声援に応えた。

 ライアン・ロシター選手がギブス選手とテレビ電話をつなぎ、盛り上がりを伝える一幕もあり、ファンと選手が歓喜を共有した。

 パレード後、選手たちはオリオンスクエアに移動し、優勝報告会に参加した。