群馬県桐生市内でわたらせ渓谷鉄道の点検用車両(検測車)が脱線した事故で、同社は2日、大間々(同県みどり市)−間藤(日光市)駅間の運転再開は9~11日ごろになる見込みだと発表した。具体的な再開日時は7日ごろに判明するという。新緑で観光シーズンを迎えている日光市の観光関係者は「お客さんがいないので、寂しい」と早期の運転再開を望んでいる。

 同社によると、全線運休している両駅間の線路では、脱線箇所以外の点検も実施しており、運転再開まで時間を要しているという。上下各6~7便の代替バスは少なくとも8日まで、継続して運行する。

 事故は5月22日に発生。当初は同25日に運転再開の予定だったが、点検整備のため延期。同28日の復旧を目指したものの、想定より進まず、再延期していた。