うずま川に優しい明かり 栃木で行灯点灯式【動画】

うずま川に優しい明かり 栃木で行灯点灯式【動画】

 栃木市の中心部を流れる巴波川沿いで「うずま川行灯(あんどん)まつり」が開かれ、蔵の街並みがあんどんの優しい明かりに包まれている。

 市民団体「開運・幸来あかり委員会」が毎年主催。

今年は4回目を迎え、JRグループによる来春の大型観光企画「ディスティネーションキャンペーン」を控えたプレ企画の一環として例年よりも1カ月早く点灯された。

 あんどんの絵は市ゆかりの切り絵作家故川島雅舟(かわしまがしゅう)さんの作品。山車などが描かれ、開運橋から巴波川橋下流まで約800メートル区間に123灯が飾られた。