明治安田J2第34節は9日、各地で9試合が行われ、栃木SCは東京都町田市の町田GIONスタジアムで首位の町田と対戦し、1-0で競り勝った。今季初の連勝で通算10勝12分け12敗、勝ち点42。

 栃木SCは後半9分、ペナルティーエリア内でボールを拾ったFW宮崎鴻(みやざきこう)が中央に折り返すと、それが相手DFに当たってゴールに吸い込まれて先制。直後の11分は自陣ゴール前で至近距離からのシュートを許したが、GK藤田和輝(ふじたかずき)のビッグセーブでピンチを脱した。その後も攻勢を強める町田に対して粘り強く守り続け、2試合連続で完封した。

 次節は16日午後7時から、県グリーンスタジアムで千葉と戦う。