JR東日本によると、25日午前7時40分ごろ、JR宇都宮線白岡-新白岡駅間(埼玉県白岡市)で、大阪貨物ターミナル発仙台貨物ターミナル行き下り貨物列車が、粕壁街道踏切の付近にある緊急停止を知らせる信号を受け、架線と架線のつなぎ目にあたる「エアセクション」で停車した。

 踏切内を確認し、列車は同8時5分に運転を再開した。このため下り3本が最大27分遅れ、約3100人に影響した。