ナイトフェスティバルでは820インチの屋外大型スクリーンで映画も楽しめる

 【宇都宮】市民に親しまれる競輪場の実現に向け、市公営事業所は29日午後5時半から、東戸祭1丁目の宇都宮競輪場で「うつのみやKEIRINナイトフェスティバル」を開く。ナイトフェスの本格開催は初めて。バンク内にある屋外大型スクリーンを使ったアニメーション映画の上映を行うほか、シアターホールでのジャズ生演奏なども予定しており、大人から子どもまで楽しめる内容となっている。

 市は収支改善などを目的に昨年度、競輪場にナイター照明を整備、3月から無観客の夜間レースを自場開催している。ナイトフェスティバルはこの照明を有効活用し、より多くの人に競輪場に足を運ぶきっかけにしてもらおうと企画。今後も年1回程度開き、夜間イベントとして定着を目指すという。

 屋外スクリーンは県内最大級の820インチで、子どもも楽しめるアニメ映画(108分)を上映する。バンク内の芝生に寝転んだりしながら思い思いに鑑賞できるという。1周500メートルのバンクを歩いて楽しむ時間帯も設ける。

 シアターホールではジャズの生演奏や大抽選会を実施。メインスタンド1階にはフードエリアを開設し、イベント時のみの試みとして初めて地ビールやカクテルを提供するほか、競輪場B級グルメも用意する。ほかにお菓子釣りやヨーヨー釣りなどの縁日コーナー、野菜の無料配布(先着300人限定、入場時に整理券配布)も行う。

 雨天決行。荒天時はシアターホールにて開催。入場無料。(問)市公営事業所028・625・0100。