黄金色の麦秋 小山で刈り取り始まる【動画】

黄金色の麦秋 小山で刈り取り始まる【動画】

 小山市内の畑で麦の穂が黄金色に染まる「麦秋」を迎えた。好天に恵まれた29日、各地で大型コンバインによる刈り取り作業が行われた。上空から見ると、黄金色の麦畑と緑の水田とが鮮やかなコントラストを描いている。

 二条大麦は、ほとんどがビール用の麦芽として使われる。国内有数の産地である同市では平年より1週間程度遅く刈り取りが始まった。

 ビール麦は発芽すると商品価値が落ちるため収穫のタイミングが重要。穂首が90度以下に折れるころが収穫の目安だという。