若手芸人たちが芸を競った「しもつけお笑いグランプリ」

 【下野】恒例のイベント「しもつけお笑いグランプリ(GP)」(同実行委員会主催)が23日、下古山のグリムの館で開かれた。若手芸人23組が出場し、漫才や一発ギャグなどで芸を競った。

 「スーパーニュウニュウ」や「ジュウジマル」などが軽妙な掛け合いすると、多くの親子連れらが詰めかけた客席から大きな笑いが起こった。電撃ネットワークのギュウゾウさんが特別審査委員長を務め、スペシャルゲストで宇都宮市出身の姉妹漫才コンビ「ニックス」、マラソンでも活躍する猫(ねこ)ひろしさんも登場した。