河川敷でバーべーキューを楽しむ参加者

 【足利】河川の有効利用に取り組む市民団体「わたらせ川利活用研究会」は22日、渡良瀬川右岸の中橋緑地多目的広場でイベント「わたらせ川でJAZZを聴きながら大人のキャンプ」を開いた。渡良瀬川の河川敷をキャンプやバーベキューの会場として活用する初めての試み。10月以降も開催する予定で、同会代表の鈴木美知夫(すずきみちお)さん(30)は「時間を忘れて誰でも楽しめる場を提供したい」と話している。

 バーベキュー会場は午後4時にオープン。タープテント20張りと椅子やコンロなどが設置された。来場した7組約50人は、川風を感じながら、事前に注文したり持ち込んだりした食材を焼くなどして、飲み物と一緒に楽しんだ。

 また、「くつろぎスペース」と呼ばれる別の芝生のエリアには8組が持参したテントを張り、一夜を過ごした。午後7時からは群馬県で活動するジャズトリオが演奏を始め、来場者は演奏に耳を傾けながら、河川敷でのキャンプを満喫していた。