那須町で登山講習中だった大田原高山岳部の生徒と教諭計8人が死亡した雪崩事故で、県高校体育連盟は28日、同校で遺族ら向けの説明会を開催した。

 事故概要の説明の後、同校生の班と別の班の引率教諭から救助活動の様子など現場での生々しい状況が語られた。

 出席者からは「雪崩注意報が出ている中でなぜラッセル訓練を行ったのか」「なぜこのルートだったのか」「人が雪崩を誘発させた人為的事故なのではないか」と質問が相次ぎ、教諭らが答えに窮する場面もあったという。「今後も何らかの形で概要説明をしてほしい」という要望も出た。