栃木SCが今季初黒星 終了間際、相模原に0−1惜敗

栃木SCが今季初黒星 終了間際、相模原に0−1惜敗

 明治安田J3は28日、各地で第10節8試合を行い、栃木SCは神奈川県の相模原ギオンスタジアムで相模原と対戦、後半ロスタイムにゴールを許し、0−1で敗れた。今季初黒星で、通算成績は5勝4分け1敗、勝ち点19。順位は2位を維持したが、首位の秋田との勝ち点差は4に広がった。

 栃木SCは前半、DF広瀬健太(ひろせけんた)がヘディングシュートを放つ場面もあったが、思うようにチャンスをつくれなかった。後半はFW服部康平(はっとりこうへい)のパスにFW牛之浜拓(うしのはまたく)が合わせるなど、何度も相手ゴールを脅かしたが無得点。終盤はカウンター合戦となり、終了間際のロスタイム4分、右サイドを駆け上がった相手DFにゴールを奪われた。

 次節の栃木SCは6月4日午後1時から、県グリーンスタジアムで秋田と対戦する。