五穀豊穣願い、氏子ら梵天奉納 那須烏山の加茂神社

 【那須烏山】月次(つきなみ)の加茂神社例大祭梵天(ぼんてん)奉納がこのほど行われ、地域住民らが五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

 梵天奉納は、南那須地方が昔、干ばつや台風などの災害で凶作に見舞われた際、農民らが五穀豊穣(ほうじょう)や雨乞い、嵐避けなどを祈願したことが由来とされる。

 氏子のほか近隣自治会やJAなす南などのグループが、長さ10メートルほどの青竹でできた梵天をそれぞれ持ち、地区内を練り歩いた。