火を渡り、厄除け願う 鹿沼の瑞峯寺

火を渡り、厄除け願う 鹿沼の瑞峯寺

 【鹿沼】激しく燃えた護摩の上を素足で渡る「火渡り修行」が28日、草久の古峯原(こぶがはら)金剛山瑞峯寺(ずいほうじ)で行われた。信者や参拝者、カメラマン計約2千人が県内外から集まり、厄よけや家内安全、諸願成就を祈願した。

 法螺貝(ほらがい)の音を響かせながら、山伏ら一行が特設の護摩道場に入場。山伏による剣や弓などの作法や、熱せられた釜の湯をササに浸してかぶる「湯加持(ゆかじ)」などの儀式が行われ、護摩に点火した。

 読経が響く中、井上瑞源(いのうえずいげん)住職を先頭に山伏らが燃える護摩の上を駆け抜けた。