小山市議会の角田良博(つのだよしひろ)副議長(67)=7期=が同市女性職員にセクハラ行為をしたとされる問題などを巡り、市議会議会運営委員会は26日、角田副議長への議員辞職勧告決議案を6月定例会初日の1日の本会議に提出することを決めた。議員提出議案として即決する。辞職勧告決議案提出は今回で8度目。

 市議会は2015年9月、角田副議長のセクハラ問題や歩道整備用地の県への引き渡しが約7年にわたり行われなかった件について政治倫理審査会を開催。セクハラ行為があったと認められると結論付けるなど、いずれの問題も政治倫理基準に抵触すると判断し、役職辞任と議員辞職すべきだとの審査報告をした。

 これを受け市議会は15年9月定例会から同様の決議案を計7度可決しているが、角田副議長は応じていない。