青木産直会メンバーらが約800人分の「産直鍋」を振る舞った、道の駅「明治の森・黒磯」の20周年感謝祭

 【那須塩原】青木の道の駅「明治の森・黒磯」で22日、開駅20周年を記念した感謝祭が開かれた。関係者らが式典を行ったほか、来場者には大鍋料理が振る舞われ、大勢の家族連れでにぎわった。

 同道の駅は1998年4月にオープン。当初の年間売り上げ約1億3千万円、推定利用者数24万人に対し、2017年度は約1億9千万円、約58万人と増加した。