地域の笑顔が集まる場所へ 多機能型事業所「CSWおとめ」開所 小山・社会福祉法人パステル

地域の笑顔が集まる場所へ 多機能型事業所「CSWおとめ」開所 小山・社会福祉法人パステル

 【小山】社会福祉法人パステルが乙女に建設を進めていた多機能型事業所「CSWおとめ」の開所式が26日、同所で開かれ、関係者や地域住民ら約120人が完成を祝った。「地域の笑顔が集まる場所」を目指し、レストランや地域交流センターなどを整備。27日のオープンに合わせ、同法人の運営拠点も同事業所内に移転する。

 CSWはコミュニティーソーシャルワーク(地域福祉)の略称。木造平屋建てで、延べ床面積は約2千平方メートル。林野庁の森林整備加速化・林業再生事業の一環で、県産の木材を使用している。

 主に障害者の日常生活の支援業務を行うほか、同事業所利用者が製造したパンやクッキーなどを販売する。レストランやギャラリー、農園も設置し、地域住民と障害者が自然に触れ合える開かれた福祉施設として活用を図る。