男性店長が不適切な行動をしたセブンイレブンの店舗=21日午後4時5分、足利市

 足利市芳町のセブンイレブン足利芳町店で、店のオーナーである男性店長が女性客に、ひわいな言動や不適切な行為をしていたことが21日、セブン&アイ・ホールディングスへの取材で分かった。同社は事実関係を認め、「お客さまにご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ない」としている。

 同社によると、同店を訪れた女性客が店長の様子を撮影したとみられる動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿し、発覚した。店長は、ひわいな言葉を話したり、ズボンのチャックの間から手を出すなどした。同社が店長に確認したところ、「非常に反省している」と問題行為を認めたという。

 店長は21日、同社にフランチャイズ契約の解除を申し出たという。同社は同店舗の営業を一時停止し、新たな運営形態での再開を図るとしている。