特設の調理場で料理を作る元吉店主(右)

 【上三川】食材の一部に町内産のグリーンアスパラガスを使っているミシュランガイド掲載の天ぷら専門店「天ぷら元吉(もとよし)」(東京都港区)の元吉和仁(もとよしかずひと)店主(43)らが16日、磯岡の生産農家を訪ね、星野光利(ほしのみつとし)町長らと食を通じた意見交換した。

 同店は原材料にこだわり、素材の良さから町産のグリーンアスパラガスを取り入れているという。元吉店主が「収穫したばかりのアスパラガスを調理し、召し上がっていただきたい」と提案し、同所の農業坂入典文(さかいりのりぶみ)さん(61)方で実現した。同席した町やJAうつのみや関係者によると、珍しい試みという。