学業に支障が出るほどの労働条件を学生に強いるといった「ブラックバイト」の被害を防ごうと、栃木労働局は6月、県内の3大学で学生アルバイトの困り事に関する出張相談を行う。

 新入学生がアルバイトを始める4~7月に合わせ、同労働局が展開している「アルバイトの労働条件を確かめよう!」と銘打ったキャンペーンの一環。昨年度初めて実施し、2回目。

 出張相談日程は6月6日午後3時55分~同4時55分に宇都宮大峰キャンパス大学会館2階(宇都宮市峰町)、同14日午前11時半~午後1時半に国際医療福祉大J棟就職情報コーナー相談室(大田原市北金丸)、同21日午後0時半~同1時40分に自治医大教育・研究棟2階セミナー室6~8(下野市薬師寺)。