災害情報を「Lアラート」で共有 栃木県と25市町が合同訓練

 県と県内全25市町は24日、自治体が災害情報を一斉に伝えるシステム「Lアラート」の合同訓練を実施した。

 Lアラートは大雨や地震などの災害発生時、自治体が入力した情報がテレビやラジオ、インターネットなどに一括配信され、住民に提供される仕組み。県内では2015年4月から県と25市町で運用が始まった。

 訓練は今年で3回目。県内全域で大雨が降ったとの想定で、各市町の担当者が災害対策本部の設置状況や避難所情報などをシステムに入力した。県危機管理課の職員が提供された情報をパソコンで確認、テレビで訓練データが発信された。