インタビューに応じる中西社長=鹿沼市下日向

 歯科医療機器製造を主力にするナカニシ(鹿沼市下日向)の中西英一(なかにしえいいち)社長は19日までに下野新聞社のインタビューに応じ、脳外科などの高度メディカル機器分野に進出し、歯科分野に次ぐ主力事業に成長させる新たな構想を明らかにした。10月に実施する創業88周年記念事業で正式発表し、100周年に向けた新戦略に着手する。

 同社の年間売上高は、2000年の株式公開時の73億円に比べ、17年12月期連結では5倍近い343億円に拡大した。売上高に占める割合は、歯科など医療機器製品が86%、工業製品が10%。ハンドピースなど歯科機器は世界のシェア約24%を占めている。