» 動画ページへ

4年ぶりに復活し、勢いよく火柱が噴き上がる手筒花火=23日午後8時20分、益子町益子

 栃木県益子町恒例の「益子祇園祭」が23日始まり、夜には手筒花火が同町益子の益子焼窯元共販センター南駐車場で打ち上げられた。手筒花火は新型コロナウイルス禍で中止が続いていたため、4年ぶり。

 地元有志でつくる「下野手筒会」が愛知県三河地方で受け継がれる手法を学び、2005年から祇園祭初日に行っている。メンバーはこの日、手筒花火22本や「羊羹(ようかん)」と呼ばれる小さな手筒花火などを披露。火柱が高々と噴き上がった後、火の粉が雨のように降り注ぐと、訪れた大勢の観客からは拍手や歓声が上がった。
 芳賀町芳賀中2年手塚優人(てつかゆうと)さん(13)は「間近で見ると迫力がすごかった」と話した。祭りは25日まで行われる。