葛生の夜空、花火1万発が彩る 悪天候で1日順延

葛生の夜空、花火1万発が彩る 悪天候で1日順延

 【佐野】葛生産業協会(吉沢慎太郎(よしざわしんたろう)会長)などが主催する「くずうフェスタ2017」の花火大会が14日、あくと町「葛生あくとプラザ」北側の秋山川河川敷で行われた。当初は13日の予定だったが、悪天候のため1日順延。当日は夜空に打ち上がる1万発の花火を、市内外から詰め掛けた家族連れなどが楽しんだ。

 午後7時すぎに始まった花火大会では、色鮮やかな大輪が少し肌寒い5月の夜空を彩った。来場者は出店の焼きそばやクレープを手に、花火を見上げて歓声を上げていた。