真岡の4歳「ランバイク」アジア王者に 全レース1位、圧巻の走り

 【真岡】ペダルやブレーキがなく、足で地面を蹴って走行する二輪車「ランニングバイク」のアジア大会「ストライダーカップ アジアンチャンピオンシップ2017inバンコク」が4月下旬にタイで開かれ、大根田、保育園年中上野雄武生(うえのゆぶき)ちゃん(4)が4歳クラスで優勝した。全レースで1位を獲得する圧巻の走りで初の栄冠を勝ち取り、「勝つことができてうれしかった」と喜んでいる。

 4月29、30の両日に開催された同クラスの大会には、日本やタイ、台湾などから約110人が参加した。全長約150メートルで、序盤の直線を駆け抜けた後、傾斜のあるカーブなどが続くコース設定。雄武生ちゃんは予選、準決勝を1位で通過。決勝も2位以下を大きく引き離してゴールした。