金融政策決定会合後、記者会見する日銀の黒田総裁=19日午後、日銀本店

 日銀は19日、2日目の金融政策決定会合を開き、大規模な金融緩和の枠組みの継続を決めた。2%の物価上昇目標の実現に向け、短期金利をマイナス0・1%とし、長期金利を0%程度に誘導する。黒田東彦総裁は会合後の記者会見で、安倍晋三首相が次の任期中に金融政策の正常化に道筋を付ける可能性に言及したことに関し、正常化は2%の物価目標達成後になるとの考えを強調した。

 黒田氏は「あくまでも2%を達成して、そういった状況にしていく必要がある」と述べ、早期の緩和縮小を否定した。

 日銀は国内景気の現状を「緩やかに拡大している」と前回判断を維持した。