栃木県内は17日、気温が上昇し、全14観測地点のうち、小山や宇都宮など7地点で35度以上の猛暑日となった。五十里(日光市)は34・8度で観測史上最高気温を記録した。

◇最新の防災情報・気象警報

 気象庁によると、最高は佐野の37・7度で全国ランキングでは10位タイ。次いで小山36・2度、大田原35・7度などとなった。

 県内で真夏日の基準となる30度を下回っているのは唯一、奥日光だけで27・0度。

 全国観測値ランキングでは豊田(愛知県)が39・1度で1位だった。