大学で取り組む生涯学習の在り方や展望などについて考えた研究協議会=18日午後、宇都宮大峰キャンパス

 生涯学習の振興などについて学ぶ「第40回全国国立大学生涯学習系センター研究協議会」が18日、宇都宮市峰町の宇都宮大峰キャンパスで開かれた。国立大で生涯学習や地域連携に携わる職員ら約50人が、大学で取り組む生涯学習の在り方や展望について考えた。

 同協議会は1979年に発足。生涯学習や大学開放についての研究と教育、実践を行う国立大で構成され、現在は香川や北海道、鹿児島など全国の25大学が所属している。