新妻政務官(手前右から2人目)や東小全校児童らが参加して行われたキックオフイベント=18日午前、宇都宮市東塙田1丁目

新妻政務官(奥中央)から代表児童に回収箱が手渡されたキックオフイベント=18日午前、宇都宮市東小

新妻政務官から代表児童へ回収箱が手渡されたキックオフイベント=18日午前、宇都宮市東塙田1丁目

新妻政務官(手前右から2人目)や東小全校児童らが参加して行われたキックオフイベント=18日午前、宇都宮市東塙田1丁目
新妻政務官(奥中央)から代表児童に回収箱が手渡されたキックオフイベント=18日午前、宇都宮市東小 新妻政務官から代表児童へ回収箱が手渡されたキックオフイベント=18日午前、宇都宮市東塙田1丁目

 2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製作に不要小型家電を活用するメダルプロジェクトの一環で、全公立学校595校に回収箱を設置する取り組みのキックオフイベントが18日、宇都宮市東小で行われた。全公立学校への設置は全国で初めて。

 プロジェクトは東京2020組織委員会や環境省などが2017年4月にスタート。使わなくなった携帯電話やスマートフォンなどを回収して金属をリサイクルし、大会で使用する約5千個の金、銀、銅メダルを作る計画だ。