巡査長の男性が刃物で刺され、搬送先で死亡する事件が発生した東仙台交番前に集まる警察官=19日午前7時30分、仙台市宮城野区

 19日午前4時すぎ、仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で、勤務していた清野裕彰巡査長(33)が訪ねてきた男に刃物で刺され、搬送先の病院で死亡した。交番にいた男性巡査部長(47)が拳銃を3発発砲し、男も死亡した。

 宮城県警は殺人容疑で男を捜査。仙台市内の大学生の可能性があり、身元確認を急ぐとともに状況を詳しく調べている。男は包丁とみられる刃物1本とモデルガンのようなものを所持していた。マシンガンの形状で、県警が鑑定する。清野巡査長の拳銃は奪われていなかった。

 県警によると、男は「現金を拾った」と交番に来た。