LRTをイメージした100メートルのロールケーキを作る参加者

 【宇都宮】次世代型路面電車(LRT)のJR宇都宮駅西側延伸を祈念して、100メートルのロールケーキを作るイベントが9日、駅前通り1丁目の宮の橋付近の田川遊歩道で行われた。親子連れや若者ら約220人が挑み、ケーキの“LRT”がお目見えした。

 産官学が協働し、田川を活用して同駅西口の活性化を目指す「MIZBERING(ミズベリング)うつのみや 宮の橋・田川活性化プロジェクト実行委員会」が企画した。これまで宇都宮屋台横丁がオリオン通りなどで実施してきた1キロのロールケーキ作りなどを初めて田川で実施した。

 この日は、LRTの車体の黄色と黒色にちなんで、約900個の市販のレモン風味のロールケーキと、チョコレートのホイップクリームを用意。参加者はクリームを塗ってケーキを“連結”し完成させた。

 父親と参加した御幸町、中山海晴(なかやまみはる)ちゃん(4)は「お菓子作りは初めて。楽しかった」と笑顔を見せた。村上龍也(むらかみたつや)委員長は「今回のイベントを継続するほか、さまざまなイベントを実施し活性化につなげていきたい」と話した。