8月開業予定の次世代型路面電車(LRT)

 8月26日に開業を予定する次世代型路面電車(LRT)の運行会社宇都宮ライトレールは10日までに、「宇都宮芳賀ライトレール線(宇都宮駅東口-芳賀・高根沢工業団地)」の運賃の上限額について、関東運輸局長に認可申請した。申請日は7日付。

 申請によると、運賃は150~400円。初乗り150円で、3~7キロまでは2キロごとに50円、7キロ以降は3キロごとに50円を目安として加算する「対キロ区間制」としている。小児(6歳以上12歳未満)は半額で10円未満は切り上げる。6歳未満は無料とした。

 定期の割引率は通学が47~53%、通勤で37~43%とした。150円区間が1カ月で通学4770円、通勤5670円。400円区間は1カ月で通学1万2720円、通勤1万5120円。

 同運輸局は申請内容について、23日までパブリックコメント(意見公募)を実施している。

 また、同社は運行ダイヤを編成する基礎データとなる運転速度と運転度数について、関東運輸局から3日付で認可を得た。停留場間の平均速度が決まり、計算上の1日当たりの最大走行本数は282本となった。同社は今月末をめどに、1日約200本の運行本数を想定したダイヤ編成に取り組む。