学びを助け高校進学を後押し 下野市が学習支援室「ドリーム」開設

 【下野】家庭の事情により学習塾などに通えない中学生を対象に、高校進学を目指せるよう学習支援する市学習支援室「ドリーム」が9日、小金井の旧市こども発達支援センターこばと園にオープンし、開設式が行われた。

 市が運営してきたが、NPO法人「ポポの樹(き)」(ジヴニー・かおり理事長)を主体として再スタートした。

 講師はジヴニー理事長、元教員の真分善治(まわけよしはる)副理事長、白鴎大の学生などが担当する。

 ジヴニー理事長は「子どもたちがドリームを諦めることなく、頑張って努力し将来少しでも豊かな充実した人生を送ってもらえるようお手伝いしていきたい」と決意を語った。