自民党の船田元(ふなだはじめ)・憲法改正推進本部長代行は8日に配信した自身のメールマガジンで、憲法9条を改正して2020年に施行を目指すとした安倍晋三(あべしんぞう)首相の発言に対し「野党の反発は必至」として今後の対野党交渉が困難になるとの懸念を示した。

 9条改正について、船田氏ら自民党憲法改正推進本部や衆院憲法審査会の与党幹部の間では「国論を二分しかねず後回しにする」としてきた。今回の首相発言とは「ズレが生じている。何らかの軌道修正が迫られるかも知れない」との認識を示した。

 下野新聞社の取材に対し船田氏は「首相の発言で積み重ねてきた現場の議論が壊れてしまうのではとの懸念がある。憲法論議に長年携わってきた者として見過ごせなかった」と執筆の真意を明らかにした。