少年女子B100メートル平泳ぎ決勝 後半に逆転して初優勝した宇中女高の高橋(手前)=福井県敦賀市総合運動公園プール

少年男子A400メートル自由形で2位となった作新高の遠藤(右)。左は優勝した菖地(兵庫・報徳学園高)=福井県敦賀市総合運動公園プール

少年女子B100メートル平泳ぎ決勝 後半に逆転して初優勝した宇中女高の高橋(手前)=福井県敦賀市総合運動公園プール 少年男子A400メートル自由形で2位となった作新高の遠藤(右)。左は優勝した菖地(兵庫・報徳学園高)=福井県敦賀市総合運動公園プール

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」は17日、福井県の敦賀市総合運動公園プールほかで会期前競技の水泳などを行い、競泳少年女子B100メートル平泳ぎで高橋奈々(たかはしなな)(宇中女高)が1分10秒44で女王の座に就いた。成年女子板飛び込みは榎本遼香(えのもとはるか)(作新高-筑波大)が276・10点で制し、高飛び込みとの2冠に輝いた。

 競泳少年男子A400メートル自由形の遠藤光(えんどうひかる)(作新高)は3分56秒11で2位。少年女子A50メートル自由形の笹原世玲菜(ささはらせれな)(真女高)は26秒42で6位に入賞した。

 クレー射撃の本県成年はスキート団体11位、トラップ団体23位だった。