17日に来園したボンゴ

17日に来園したボンゴ

17日に来園したボンゴ

17日に来園したボンゴ

17日に来園したボンゴ
17日に来園したボンゴ 17日に来園したボンゴ 17日に来園したボンゴ

 【那須】絶滅危惧種の鳥、ハシビロコウの繁殖に取り組む大島の那須どうぶつ王国は17日、姉妹園の神戸どうぶつ王国から雄の「ボンゴ」を迎えた。健康状態を調査後、那須どうぶつ王国で飼育している雌の「カシシ」とお見合いさせる。

 同園では2017年11月からハシビロコウの雄雌各1羽を飼育し繁殖に取り組んでいたが、今年8月19日に雄の「アサラト」が死んだ。直前には、カシシに繁殖行動や営巣行動が見られていたため、ボンゴを同居させて見守る。