絶滅危惧種・トウサワトラノオが開花 下野

 【下野】市トウサワトラノオ保存会(黒川英代(くろかわひでよ)会長)はこのほど、東根の保全地でトウサワトラノオが開花したと宣言した。

 トウサワトラノオはサクラソウ科の多年草。30センチほどの茎の先に、約1センチの白い花が無数に付く。

 環境省から絶滅危惧種に指定され、全国でも市内と愛知県の計2カ所でしか生息が確認されていないという。今年は例年よりも1週間~10日ほど遅く開花。咲き始めたばかりで、今月中旬が見頃となり、6月上旬まで楽しめるという。