栃木GB 終盤無惨、逆転負け 群馬に6-9

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は5日、県営球場で群馬と対戦し、6−9で逆転負けした。2連敗で通算成績は4勝9敗。

 栃木GBは初回2死から、帷子(かたびら)翔太郎(しょうたろう)の中前打などで一、二塁の好機をつくると、大嶋達也(おおしまたつや)が右越え三塁打を放ち2点先制。四回は金子将太(かねこしょうた)、板倉寛樹(いたくらひろき)の連打などで1死二、三塁とし、野崎新矢(のざきしんや)の2点適時打でリードを広げた。

 先発のホーキンは五回までを無安打に抑える好投。しかし六回に1点を返されると、七回は2死から四球に失策などが絡み、3失点で同点に追い付かれた。さらに八回には継投陣が与四球5で大量の5失点。九回に2点を返す粘りを見せたが、反撃もそこまでだった。

 群馬との3連戦第2戦は6日午後1時から、群馬県高崎市の城南野球場で行われる。